FC2ブログ

イチローの名声は「過大評価」なのか

Posted by fukutyonzoku on 23.2019 スポーツ 0 comments 0 trackback


◼️イチローは過大評価?

イチロー称賛の「大本営発表」には生来の天邪鬼根性がムズムズしていたところに、米スポーツファン専用サイト“FANSIDED”でこんな記事を見つけた(日付は今年1月7日)。

“Ichiro Suzuki: Baseball Icon, Overrated Player”
(鈴木イチロー:野球の偶像、過大評価された選手)

記事によれば、米野球データベース「Fangraphs」によるイチローのMLB通算WAR(Wins Above Replacement)は57.9で、イチローがMLBデビューした2001年以降で11位という。WARとは、チームの勝利への選手ごとの貢献度をセイバーメトリクスにより数値化した総合評価指標。11位は立派な順位だが、要は、米野球殿堂入り確実と言われるイチローの名声に比べて物足りない順位だと言いたいのだ。
ちなみに同時代のホームラン打者、バリー・ボンズの通算WARは164.4。

◼️長打が少なく出塁率も低い

イチローのWARが低い理由はこうだ。

イチローのMLB通算安打3089本は歴代2位、通算打率.311は01年以降で6位(通算5000打席以上の打者で)。ボンズの通算安打数は2935本、通算打率は.298とともにイチローより劣るが、ボンズは単打が安打全体の51%なのに対し、イチローは81%が単打だ。本塁打に至ってはボンズがMLB記録の762本なのに対し、イチローは117本に過ぎない。
また、ボンズの平均出塁率は.444でイチローの.355を大きく上回る。ボンズは一発のある怖い打者なので敬遠や四死球が多く、出塁率が高い。イチローの平均出塁率.355は同50位で、「安打製造機」としては驚くほど平凡な数字だ。少なくとも打撃面ではボンズの方が遥かに価値があるというわけだ。ちなみに、オリックス時代のイチローの通算打率は.353。平均出塁率は.421で、王、落合に次ぐ歴代3位だ。3番や4番を打っていたこともあり、本塁打25本を打った年もある。長打率も平均.522だったが、メジャーでは平均.402。メジャーでイチローは長打が激減したうえに、四球をあまり選ばず、打率の割りに出塁率は高くない。リードオフマンとして最も大切な「出塁してチャンスを作る」という仕事の面ではイマイチだった。全盛期の前半を日本で過ごしたハンデは差し引いて考える必要があるし、守備や走塁の貢献度も大きいが、それにしても「イチローは実際の価値より過大評価されている」というわけだ。
同じ「本音」は米野球ファンやメディアの中にも少ないからずある。「イチローはチームの勝利より個人記録(安打数)を優先した」と。実際、マリナーズはイチローがデビューした2001年に地区優勝して以来、プレーオフ進出を逃し続けていることもこの印象に含まれている。もちろんこれはイチローだけの責任ではないのだが。

◼️米野球文化への貢献

それでも、イチローはやはりレジェンドなのだと思う。

・2004年の262安打はMLBシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新
・10年連続シーズン200安打以上はMLB記録を108年ぶりに更新(ギネス世界記録)。
・NPB/MLB通算4367安打はプロ野球通算安打ギネス世界記録
・MLB通算3089安打はピート・ローズに次ぐMLB歴代2位
・NPB/MLB通算3604試合出場もプロ野球世界最多記録
・ゴールドグラブ賞10年連続受賞はMLB史上初(10回は外野手歴代2位)。NPB/MLBで17年連続はもちろん前人未到。

これらの記録以上に、技術とスピードを武器にパワー(ドーピング?)全盛の巨漢メジャーリーガーたちと互角以上に渡り合うスモール・ベースボールの魅力を、米野球ファンに鮮烈に植えつけたからだ。「魔法使い」と称された卓越したバットコントロール、あっと言う間に一塁ベースを駆け抜ける内野安打、全米の度肝を抜いた「レーザービーム」、「スパイダーマン」の異名がついたホームランキャッチ……。MLBで日本人初の野手として、米野球文化にカルチャーショックを与え、多様性をもたらし、特に子供たちに新たなスーパースター像を創造したことが、イチローの最大の貢献だったのだと思う。

スポンサーサイト



「ボヘミアン・ラプソディ」とフレディ・マーキュリーの真実

Posted by fukutyonzoku on 29.2018 映画 0 comments 0 trackback


映画のタイトルにもなった「ボヘミアン・ラプソディ(Bohemian Rhapsody)」は1975年10月31日にリリースされ、9週連続全英1位を記録したクイーンの大ヒット曲だ。作詞・作曲はフレディ・マーキュリー。世界初の本格的なプロモーションビデオが制作された楽曲としても有名で、「ライブ・エイド」でも最初に演奏(バラードパートだけのライブバージョン)された。

なぜ、映画のタイトルになったのか。クイーンの出世作かつ最大のヒット曲だから、ということは勿論あるだろうし、映画の中でも、この曲の発売前にEMIレコードの重役(架空の人物)が「6分なんて長過ぎてラジオはかけてくれない」と反対される場面が出てくるということもある。
しかし、重要なポイントはそのタイトルと歌詞にあるのだと思う。

「ラプソディ」は「狂詩曲」と訳され、「即興的な楽想の自由形式の器楽曲」などと解説されているが、要は、異なる曲調を組み合わせてつくる楽曲を指す場合が多い。「ボヘミアン・ラプソディ」の場合はアカペラ、バラード、オペラ、ハードロックが6分と長めの曲の中にメドレーで組み合わされている。

重要なのは「ボヘミアン」。ボヘミアンはボヘミア人の意で、元々は現在のチェコにあるボヘミア地方に住んでいた遊牧民を指すが、フランスなどに流入した貧しい東欧からの移民の総称となり、「ジプシー(ロマ)」とも呼ばれた。19世紀以降は、転じて、自由奔放な生き方をする芸術家や哲学者、それを気取る若者などを指すようになり、悪い意味では、定職がなく貧乏で、アルコールやドラッグを生活の主体とし、セックスや身だしなみにだらしない、といった含意がある。
つまり、このタイトルの「Bohemian」とは、おそらくフレディが自身を喩えて言っているのだ。

実際、彼の一族のルーツは遊牧民だったペルシャ(現イラン)人だし、彼は英保護領だったザンジバル島(タンザニア領)生まれ、インド育ち、前年に家族で戻ったザンジバルで起こった革命を逃れて17歳で英国に移住した移民だ。つまり、彼の生い立ちは、安住の地が定まらないジプシーのようなものだった。

幻想的な歌詞も、人種、宗教、家族関係、セクシャリティー(バイセクシャルorゲイ)と、あらゆる面で「マイノリティーの塊」のような彼が、差別や偏見と闘ってきた人生の苦悩を叫んでいるように思えてくる。

彼の生い立ちは非常に複雑だ。
彼の血筋は、10世紀にペルシャで勢力を拡大したムスリムの迫害を受けてインドに逃れたゾロアスター教徒のペルシャ系インド人(パールシー)。ちなみにインド有数の財閥となったタタ一族も彼と同じパールシーだ。
フレディの父は戦前、インドの英植民地政府オフィスの会計係として働いた。両親は仕事の関係で英保護領たったザンジバル島に移り、戦後間もない1946年9月にフレディ(本名=ファルーク・バルサラ)が生まれた。ただ、幼い頃に一家はインドに戻り、フレディは幼少期の大半をインドで過ごした。7歳でピアノを習い始め、8歳でボンベイ(現ムンバイ)郊外にあった全寮制の英国式寄宿学校に入る。16(17?)歳で家族と再びザンジバルに戻るが、翌年革命が起こり、一家は安全上の理由で英本国へ逃れた。

「ボヘミアン・ラプソディ 」の歌詞に戻る(和訳は筆者訳)

“Mama, just killed a man~”
ママ。たった今、男を殺した


から始まるバラードパートの歌詞。いろいろな解釈があり得るが、私の勝手な解釈では、実際の殺人事件とは関係ない。殺した“a man”とは彼の父親のことを暗示しているのではないか。彼は父親とは折り合いが悪かったようだが、実在の父というよりは、「父親」に象徴される保守的な価値観やパールシーの伝統的宗教倫理からの離脱、決別を意味しているように思えるのだ。
それは、主として、自分がゲイ(orバイセクシャル)ではないかというセクシャリティーの自覚によるものだろう。この曲を作った頃は、ちょうどフレディがゲイを自覚し始めた頃だと言われている。

“Mama, Didn't mean to make you cry
ママを泣かせるつもりはなかった

If I'm not back again this time tomorrow
もし明日のいま頃に僕が(普通の男に?)戻らなくても

Carry on, carry on, as if nothing really matters
何事もなかったようにいつも通りにしてて(悲しまないで)--と。

Too late, my time has come
もう遅い。僕の時が来た

Sends shivers down my spine
体中を震えが走る

Body's aching all the time
体中の痛みが止まらない

Goodbye everybody - I've got to go
さようなら、みんな。僕はもう行かなくちゃ

Gotta leave you all behind and face the truth
みんなの元を離れ、真実と向かい合うよ

Mama, ooo - I don't want to die
ママ、僕は死にたくない

I sometimes wish I'd never been born at all
生まれてこなきゃよかったって時々思うんだ



これから「向かい合う」と宣言している「真実」とは、自分の本来のセクシャリティーのことだろう。気付いてしまった以上、もう後戻りできない。怖いけど、みんなの元を離れ、本当の自分と向き合って生きていくよ--。

フレディがこの詩は書いた時期はおそらくまだエイズには感染していないし、その自覚もなかったはずだが、なぜか自分の死を予言していたと解釈すると、驚くほどピッタリ嵌る。

「身体中が震え、痛みが止まらない」
「さようなら、みんな。僕はもう行かなくちゃ」

映画では、「ライブエイド」出演直前に自らのエイズ感染を知った、という設定にしたことで、映画のクライマックスでフレディが歌う「ボヘミアン・ラプソディ」は、エイズによる自らの死を予言しているかのような歌詞に聞こえてしまうのだ。それが余計に涙を誘うという、非常に効果的な「演出」となっている。

(参考記事)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フレディ・マーキュリー
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ボヘミアン・ラプソディ
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ボヘミアニズム
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%98%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%B3_(%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%89)
https://www.y-history.net/appendix/wh0101-116.html

【ネタバレ注意】「ボヘミアン・ラプソディ」はアリか

Posted by fukutyonzoku on 26.2018 映画 0 comments 0 trackback


話題の映画「ボヘミアン・ラプソディ」をクリスマスに観た。英国発の世界的人気ロックバンド「Queen」の自伝的映画だが、実話とは少し違うらしいと事前に小耳に挟んでいた。だが、それ以上の予備知識は入れず、純粋に映画作品として楽しもうと思っていた。そのお陰もあってか、素直に感動して泣けた。

主役はQueenのボーカル、フレディ・マーキュリーを演じた俳優ラミ・マレック。正直、本物のフレディにあまり似ているとは思わなかった。しかし、体はフレディそっくりに鍛え上げており、独特の訛りのある英語(世評では似ていたらしい)、フレディ自身がコンプレックスを持っていたという出っ歯を強調するために恐らく上歯と唇の間に詰め物、表情はそれほど似ていないが、ステージでの動き方もよく再現できていた。YouTubeで実際のライブエイドでのQueenのパフォーマンスと映画のライブエイドの場面を並べて比較した動画を偶然見つけたが、よくコピーできているのがわかる。
https://youtu.be/-XqPBEODZ4s

少し残念だったのは、フレディの目の色はマレック本来の青いまま。黒いカラーコンタクトをするだけで簡単に解決したはずなのに、なぜそれをしなかったのかが不思議だ。
もう一つ、Queenメンバー、中でもフレディは大の日本贔屓だった。それは最初にQueen人気に最初に火がついたが日本だったことがきっかけのようだが、フレディは美術学校でデザインを専攻していたこともあり、特に日本の美術に傾倒。お忍びで日本に来て京都や金沢、伊万里などを回って陶磁器や掛け軸、浮世絵などを買い集め、日本の骨董品については相当な目利きだったそうだ。自宅の庭も日本から庭師を呼んで日本庭園にしている。
Queenを早い時期から日本に紹介していた「ミュージック・ライフ」元編集長の東郷かおる子さんによると、Queenは日本からのオファーには極めて寛容だったらしく、そのせいで日本ではパロディー風の変なCMにも出演していたのだろう。映画では、部屋の装飾や部屋着など親日家ぶりをそれとなく匂わせるシーンも織り交ぜてあったものの、もう少し最初の武道館公演の熱狂ぶりやフレディの「日本愛」を描いてほしかったというのが、一日本人として少し残念だった部分だ。

映画を観た後に調べてみたが、やはり実話と違う点は多々あるようだ。私自身はそれほどのQueenファンではないが、同時進行でファンだった人たちにとってはQueenへの再評価を喜ぶ反面、利用され裏切れたような複雑な思いを抱いた人も少なくないようだ。予備知識をあまり持たずに映画を見ればドキュメンタリー映画に見え、知られざるQueenの内幕を理解したような気になるが、実際には実話と虚構が入り混じったドキュメンタリー的フィクションなのだ。
事実と異なる点は、デビューまでの経緯や登場人物の描写など細かい点もたくさんあるようだが、何よりストーリーの核となる部分に虚構や時系列の組み替えがある。
映画では、フレディがほかのメンバーを裏切り、400万㌦の契約金でグループから独立してソロ・アーティストとなったのを機にQueenは解散してしまう。しかし、ソロとなったフレディはアフリカ難民支援チャリティーコンサート「LIVE AID(ライブ・エイド)」の主催者からQueenに出演オファーがあったことをマネジャーが知らせなかったことに激怒。マネージャーをクビにして再びQueenのメンバーの元に戻る。この少し前にフレディは吐血し、密かに検査して自らのエイズ(HIV)感染を知る。フレディはメンバーに自らのエイズ感染を告白。再び「ファミリー」としての結束を取り戻し、Queenを「再結成」。フレディは喉の調子の悪さを押して1週間後のライブ・エイドに向けて練習を再開。そして、Queenは10万人の観客で埋め尽くされたウェンブリースタジアムの舞台に立ち、世界が絶賛した圧巻のパフォーマンスを披露する--。
今、こうして文字を書き起こすだけでも泣けてくるストーリーだ。

しかし、事実は違う。
クイーンには確かに解散の危機があったし、1982~83年には活動を一時休止し、メンバーがそれぞれソロ活動をしたり充電したりしていた。とはいえメンバーが一時的にも「脱退」したりQueenが「解散」したりした事実はない。また、ソロ活動を最初に始めたのはフレディではなく、ドラムスのロジャー・テイラーだ。
さらには、ライブ・エイドが開催されたのは1985年7月13日。実際にフレディが自身のエイズ感染を知ったのは86~87年頃だろうと推測されている。つまり、ライブ・エイドより後なのだ。
フレディがロンドンハーレー街の診療所でHIVの血液検査を受けたと初めてメディアに報道されたのは86年10月。その後もメディアには何度も「エイズ疑惑」を書き立てられたが、本人は否定し続けた。
フレディのパートナーだったジム・ハットンによると、フレディ本人は87年4月には感染を認識していたという。いずれにしてもライブエイド前にHIV感染をメンバーに告白した事実はないようだ。

また、映画ではフレディの「独立」後にQueenは解散し、しばらく疎遠になっていたメンバーが再結集。1週間の練習期間でライブ・エイドに臨む--というストーリーだが、実際にはQueenは83年後半からアルバム制作に入り、翌84年2月に「THE WORKS」をリリース。同年8月から欧州各国、ボツワナ、ブラジル、豪州、ニュージーランドなどを回るワールド・ツアーを開催。ライブ・エイド約2カ月前の85年5月には最終ツアー地の日本で演奏していた。つまり、ライブ・エイドは「Queenの再結成」でもなければ、久しぶりの演奏でもなかったのだ。
ただし、このワールドツアーは、詳細は割愛するが、さまざまなトラブルに見舞われ、商業的にも内容的にも「成功」からはほど遠く、メンバーがバラバラになりかけていたのは事実のようだ。あるメンバーは「ライブ・エイドがなかったら解散していたかもしれない」と語っている。Queenが「復活」を賭けてライブ・エイドの20分のパフォーマンスに全力を注いだことは嘘ではないのだ。公演後、フレディは「当時、Queenは過去のバンドと見られていた。過去のバンドではないことを15億人の前で証明したかった」とも語っていたという。
つまり、この映画は、事実と「事実に近い嘘」を巧みに組み合わせることで、クライマックスのライブ・エイド演奏をより劇的に仕立て上げる「演出」が施されているのである。

映画作品としてみれば、クイーンのヒットメドレーを堪能(映画に出てくる楽曲は全てクイーンのオリジナル音源)できるし、ヒューマンストーリーとしてもよくできている。特定できる個人を貶めるような描き方もしていないので、「あり」ではないかと思う。製作者や元Queenメンバー、関係者らは「全てが実話ではない」としながらも「だからといってフレディやクイーンの本質から外れているとも思わない」と異口同音に語っていることからも、当事者らが許容している演出であることがわかる。

シェークスピアや近松門左衛門の例をひくまでもなく、史実や先代作品に少し脚色を加え、その少しの翻案に天才的オリジナリティーを発揮するのが古今東西の名劇作家の真骨頂でもある。司馬遼太郎しかり。しかし、史実とは分ける必要がある。史実より影響力がある点で、ある意味罪深い。

巧妙な「演出」にまんまと嵌められ、泣かされた、といったところだろうか。

(参考記事)
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/フレディ・マーキュリー
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29421/1/1/1
https://torukuma.com/bohemian-difference/
https://chielabo.com/bohemian-rhapsody-true-story/
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181203-00552657-shincho-ent&p=1