参院選で野党はなぜ敗れたか

Posted by fukutyonzoku on 10.2016 政治・経済 0 comments 0 trackback


参院選は、ほぼメディアの事前予想通り、与党が改選過半数を制し、改憲4党が非改選を含め3分の2を超えた。

今回は安倍批判票の受け皿がなかったというのが率直な印象だ。「野党共闘」は両刃の剣だった。宮城、新潟など奏功した選挙区もあったが、地元議員ら実動部隊が互いに不信感を持ったままま最後まで一体化できなかった選挙区が多かったのではないか。比例区では野党は全般に票を落としたようだ。特に民主党は左傾化により中道保守層の票を大幅に減らした。
改憲については、そもそも公明、維新は9条改正には否定的だから、リベラル陣営が危機感を煽ったような即9条改正とはならないだろう。このことは選挙前からわかっていたことだ。リベラル勢力の扇動は空回りしたのではないか。
むしろ、内向きになる米国、膨張主義を強める中国、核とミサイル開発で瀬戸際外交を強める北朝鮮、日本人を例外扱いしないテロの頻発…日本を取り巻く安保環境は間違いなく厳しくなっているのに、護憲派が訴えたのは「憲法を守れ」という相も変わらぬお題目だけで、安保環境の変化に対する現実的な政策対応はほとんど何も示していない。その代表格である社共に民主党が共闘したとあっては、ますます政権を任せられないと思った人が多かったのではないか。

アベノミクスについても、必ずしも多くの支持を集めているわけではないが、それでは野党に現実的な対案があるかと言えば、そうは見えなかった。若者支援とか子育て支援の充実など耳障りのいい個別政策は並んでいるが、肝心の財源論が抜け落ちている。全政党が消費税増税は延期だし、歳出削減にはどこも触れていない。つまり財源は国債増発しかない。説得力ある成長戦略が示せていたとも思えない。これでは政策とは言えない。相変わらずポピュリズム政党しかないということだ。
関連記事
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://fukutyonzoku.blog.fc2.com/tb.php/78-158e7b61