FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by fukutyonzoku on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「万引き家族」は現代の蟹工船か

Posted by fukutyonzoku on 13.2018 映画 0 comments 0 trackback


今年のカンヌ国際映画祭でばパルムドール(最高賞)を受賞した「万引き家族」をようやくみた。

安藤さくらの存在感は見事としか言いようがない。冴えないおばさんにしか見えない時もあれば、少女のように可愛らしさを見せる時も。かと思えば、艶めかしい大人の女に豹変し、時に神々しくさえ見える。あの七変化がまさに「女優」だ。カンヌ国際映画祭審査委員長のケイト・ブランシェットは「安藤サクラの泣きの芝居は素晴らしかった。これから私たち俳優が泣くシーンがあったら彼女の真似をしたと思って」と絶賛している。

リリー・フランキーがダメ男を実にナチュラルに演じているのも見事。松岡茉優は持ち前の器用さを遺憾なく発揮している。そして、定評のある子役の演技の素晴らしさは今回も同様で、是枝作品の面目躍如といったところ。

この映画は、子供にも万引きを教えていた窃盗の常習犯や、亡くなった親を庭に埋めて死亡届けを出さずに年金を不正受給していた事件など、実際に日本で起こったいくつかの実話を基に是枝監督が脚本を書いている。映画製作にあたって是枝監督は養護施設などを実際に取材したそうだ。つまり、このストーリーは今の日本社会の実像を描いたドキュメンタリーに近い作品と言っていい。
映画に登場するのはダメな大人ばかりで、この「家族」の行いは犯罪のオンパレード。それでも「少し不器用で運が悪かっただけの愛情深い『普通』の人々」と共感できるよう、必ずしも血の繋がらない「家族」の絆やヒューマニティーを巧みに描いている。

是枝監督のメッセージをあえて言語化するとすれば、こんなふうではないか。

常識の世界や家族の方がむしろ嘘と虚飾に満ち、この「家族」こそが本当の家族の姿ではないのか……。
メディアや世間は犯罪者を表面的に叩き、排除するだけで、それ以上は見ようとしない。つまりはそこで「情報処理」が終わってしまい、人が犯罪に追い込まれる社会背景を考えようとはしない。でも、これは現実に私たちのすぐ身近で実際に起こっている現実なのだ。その最大の犠牲者は子供たちである。「自己責任」という一見尤もらしい呪文で心に蓋をし、見えないふりをするのはもうやめにしないか……。
置き去りにされている隣人や弱者への共感と互助を忘れ、静かに進む格差社会の実態を丁寧に描いた、洗練された現代の「蟹工船」だろう。
関連記事
スポンサーサイト

▶ Comment

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://fukutyonzoku.blog.fc2.com/tb.php/96-84ee988b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。